docker-composeでNginxコンテナ内のログを見る

ツール
この記事は約3分で読めます。

開発環境をDockerで構築していると、コンテナ内のプロセスが出力するログを見たい場面があります。
コンテナ内のログファイルに出力されているのであればそれを見ればよいのですが、ログを標準入力/標準エラー出力に出力させているケースもあります。というよりこちらの方が一般的ですね。

NginxのDockerイメージでのログ設定

たとえばNgixの公式Dockerイメージでは、アクセスログとエラーログが、標準出力と標準エラー出力に出力されるよう設定されています。
具体的には/etc/nginx/nginx.confの以下の部分です。

あ、ちなみに以下例ではすべてdocker-composeを使っています。

# 起動
$ docker-compose up -d

# 設定ファイル確認
$ docker-compose exec nginx cat /etc/nginx/nginx.conf 
user  nginx;
worker_processes  1;

error_log  /var/log/nginx/error.log warn;
pid        /var/run/nginx.pid;


events {
    worker_connections  1024;
}


http {
    include       /etc/nginx/mime.types;
    default_type  application/octet-stream;

    log_format  main  '$remote_addr - $remote_user [$time_local] "$request" '
                      '$status $body_bytes_sent "$http_referer" '
                      '"$http_user_agent" "$http_x_forwarded_for"';

    access_log  /var/log/nginx/access.log  main;

    sendfile        on;
    #tcp_nopush     on;

    keepalive_timeout  65;

    #gzip  on;

    include /etc/nginx/conf.d/*.conf;
}

この部分です。

error_log  /var/log/nginx/error.log warn;

(中略)

access_log  /var/log/nginx/access.log  main;

え、単純にファイルに出力してるだけじゃないの?と思われるかもしれませんが、実はこのファイルが標準出力/標準エラー出力のスペシャルファイルへのシンボリックリンクとなっています。

$ docker-compose exec nginx ls -l /var/log/nginx
total 0
lrwxrwxrwx 1 root root 11 Mar 26 23:13 access.log -> /dev/stdout
lrwxrwxrwx 1 root root 11 Mar 26 23:13 error.log -> /dev/stderr

docker-composeでのログ出力確認方法

例に挙げたngixコンテナでNginxのアクセスログを見たい場合は、docker-composeの次のコマンドを実行します。

$ docker-compose logs ngix

いわゆるtail -fがやりたい場合は-fオプションを付けましょう。

$ docker-compose logs -f ngix

コメント

タイトルとURLをコピーしました